トリキュラーの処方をやめた場合のリスク

トリキュラーの処方に関しては血栓症のリスクを考慮して行われているので、35歳以上の女性で毎日15本以上の喫煙をする場合には処方を受けられないことがあるので、注意が必要です。またトリキュラーなどの低用量ピルに関しては服用をやめた場合に血栓症のリスクが一時的に高まるので、服用を中止する場合には必ず医師の指導に従わなければなりません。また婦人科を受診している場合にはトリキュラーなどの低用量ピルを処方されている場合には血液検査を定期的に行って血栓ができていないかを確認します。低用量ピルをやめた場合に、数カ月後に服用を始めると血栓症のリスクが高まることがあるので、服用が必要な場合には継続しなければなりません。服用と中止を繰り返してしまうと、やめたときに副作用が出たり、血栓が血管内にできやすくなるなどのデメリットがあるので、自分の判断で服用をやめてしまうことは非常に危険です。トリキュラーのメリットとして考えられているのは排卵を起こらなくすることで避妊ができることや、生理の時の出血を抑えることなどで、子宮内膜を厚くしないので受精卵が着床しにくくなり、さらに精子が子宮の中に侵入するのを防ぐこともできます。またホルモンバランスが崩れている女性が服用した場合はニキビなどが改善したり、子宮内膜症の症状が安定するなどのメリットがあります。トリキュラーの服用で大切なことは飲み忘れをしないことで、決められた時間に服用するようにしないと、飲み忘れることがあるので、その場合には24時間以内に飲まなければなりません。飲み忘れて1日以上経過している場合にはその後の1週間は服用を中止して、男性に避妊をしてもらって7日後にもう一度服用を始めます。

トリキュラーを使うと胸がはる?

トリキュラーは世界で話題になっている薬の一つです。この薬は避妊を希望する女性に効果を発揮するもので、低用量避妊ピルとなります。
トリキュラーのパッケージには種類の異なる薬が入っており、順番が決まっているため指定された通りに服用しなければなりません。赤色の錠剤から服用を始めますが、1日1錠ずつ続けていきます。全部で21日間服用する必要があり、全てが終わったら次の7日間は服用を休むことになります。これで28日周期となり、継続する場合は同じように服用していきます。指定された通りに服用していけば完全に効果を発揮するため、避妊を望む方に利用されています。
最初に卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌を抑制するため排卵を起こさなくします。続いて受精卵の着床を防ぐために子宮内膜に作用します。さらに子宮の中に精子が入りにくくする作用があります。トリキュラーを服用することで、これだけの効果が得られるのです。
普段から生理の周期が順調な方が利用するだけでなく、生理が不順でお悩みの方も生理周期を整える効果が得られます。
実際にトリキュラー利用している方は、避妊だけでなく様々な効果を実感しています。いつも酷い生理痛に悩まされている方なら痛みが軽減されることがありますし、ホルモンバランスが正常に整い肌の調子が良くなったという方もいます。
トリキュラーを服用すると胸がはるといった症状を感じる方もいます。胸がはる原因はホルモンの量を限界まで低下させているためで、胸がはる以外に吐き気や嘔吐、不正出血といった症状が起こる可能性もあります。初回の使用ではこのような副作用を感じることがありますが、体が慣れてくるため二回目以降は初回程は気にならなくなるでしょう。

卵巣がん予防効果もある低用量ピル「トリキュラー」

低用量ピル「トリキュラー」は、卵胞ホルモン成分と黄体ホルモン成分によって避妊効果を発揮します。LNGという黄体ホルモン成分を使用しており、子宮内膜を安定させて、不正出血を出現しにくくし、休薬期間にきちんと生理が来るという特徴があります。
トリキュラーは、正確に服用すると、ほぼ確実に避妊できますが、それ以外にも嬉しい効果があります。かつては、低用量ピルはがんのリスクを増やすといわれていましたが、最近の研究では卵巣がんや子宮体がんのリスクを減らすことが分かっています。低用量ピルを飲み続けている人は卵巣がんに罹るリスクが40~50%低くなるという報告があり、死亡率も服用期間が長いほど低下します。さらに、服用を中止しても15年間はその効果が維持できるということです。
卵巣は、排卵によって損傷を受けるので、トリキュラーなど低用量ピルを使用して卵巣を休ませることが、結果として卵巣がんの発症を抑えると考えられます。子宮体がんについても、リスクが50%低下し、大腸がんのリスクも低下します。
トリキュラーを飲む場合には、毎日1錠をなるべく同じ時間帯に服用します。飲み忘れがないように、自分の生活時間に合わせて定時を決めるとよいでしょう。トリキュラーは、成分が3段階に変化する3相性ピルですので、飲む順番を間違えないように注意して、シートに記された矢印どおりに飲み続けます。21錠タイプなら、1シート飲み終えてから7日後に次のシートを飲み始めます。28錠タイプは、最後の7錠が偽薬ですので、1シート飲み終えたらすぐに、次のシートに移ります。
トリキュラーを服用すると、乳房の張りや吐き気などが現れることがありますが、服用を続けるにつれて次第に消えていきます。

安い価格で購入したトリキュラーと月経異常

安い価格で購入したトリキュラーも基本的には成分が同じなので副作用などのリスクの心配はあまりないのですが、成分が異なっている場合には避妊効果が発揮できないのでなるべく慎重に購入しなければ妊娠のリスクを高めてしまいます。月経が多い場合などにトリキュラーを服用する場合には飲み忘れなどに注意をしなければなりません。トリキュラーは定期的に服用することで避妊効果を発揮する薬なので、一度でも飲み忘れてしまうとその後の2週間程度は避妊効果がありません。月経が多い場合には婦人科などの医療機関を受診して適切な指導を受けることで、月経の量の異常などに潜んでいる病気を早期に発見することができるのですが、自分の判断で安いトリキュラーをネット販売で購入すると医師のアドバイスが聞けないので副作用のリスクや効果を発揮できないリスクが高まったしまいます。ネットでトリキュラーを購入する場合には医療費などが必要ないので安い価格で手に入れることができるのですが、副作用のリスクや正しい服用方法についての指導を考慮すると婦人科などの医療機関で、専門的な検査をしたりカウンセリングを受けることで病気のリスクや治療にかかるコストを減らすことができます。またトリキュラーなどの低用量ピルは副作用が少ないような印象が強いのですが、血栓症のリスクに関しては中容量や高用量のピルとあまり変わらないので、喫煙をしている35歳以上の女性が服用する場合には血栓ができるリスクを理解してから服用しなければなりません。また血栓症の初期症状をしっかりと把握しておくことで、早期に発見して対処することができるので、普段から多めに水分を摂取するなどして血栓症を防ぐ生活をするとリスクを減らすことができます。

トリキュラーはバストアップなどの美容効果もあるのか

結論から言うと、トリキュラーにはバストアップなどの美容効果はあります。トリキュラーをはじめとする低用量ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つを期間別に摂取していくことで排卵を止めていきます。
卵胞ホルモンは月経や排卵を促していくことができる女性ホルモンです。血流を促進させて乳房の皮下脂肪を増やしていく効果があります。同時にコラーゲンの生成を促していく効果も期待できるので、結果的にバストアップなど美容面で良い影響が出てくるのです。
黄体ホルモンは卵胞から分泌されるホルモンで子宮内膜をより受精に適した状態にしていくことができます。それと同時に乳腺を発達させる効果もあるので、胸に自然なハリを持たせていくことができます。よく生理前に胸が張って大きくなるという現象はこの黄体ホルモンが関係しているのです。
つまり、これらトリキュラーによって得られる女性ホルモンはどちらも美容効果、バストアップ効果が得られやすいということです。もちろん、ホルモンのバランスを整えるだけなのでトリキュラーを飲んですぐに劇的なバストアップなどの美容効果が得られるというわけではありません。ですが、継続的に続けていくことが多いトリキュラーのような低用量ピルは、長く続けていれば続けているほどその美容効果を実感していくことができます。
本人も気が付かないうちに、肌が綺麗になっている、にきびが解消されたといったようにより自然な展開で美容効果を実感していくことができるのです。トリキュラーをはじめとする低用量ピルは多くが避妊目的で使用していきますが、時には美容のために、バストアップなどの体型維持のために活用していく方法もいいかもいれません。

サプリメントにも副作用がある

サプリメントに副作用がある人にとっては、やはりとても大変な事ではあります。
その事では、当然個人差もある事から色々と考えながらサプリメントの摂取も、色々と考える事となって行きますが、やはり副作用がある状況で摂取する事はとても危険に感じる事も多くなります。
出来れば副作用のない状況で行う事となると、サプリメントを採る事となりますが、元々このサプリメントも体の健康の為に摂取する事であり、そう言った健康を促進するもので体に悪い影響を与える形であれば、あまり良い事とはなりません。
そう言った所でもやはり副作用がある物と無い物をしっかりと分けて自分にあったサプリメントの摂取を行う事が必要となって行きます。
どうしても人の体にも個人差が生じる事は仕方の無い事となりますが、そう言った所を考えながら副作用がある物を出来るだけ避けて行く事で、安心してサプリメントを体に取り込む事が出来ます。
そう言った健康の事を考えながら、生活を送る事となって行きますが、そう言った所で考える事もやはり、個人差のある状況で薬の利き方も違いがある事では、ある程度自分の体に合う物を探す事も重要でありサプリメントを探す事も必要となって行きます。

すべての薬に、副作用がある

すべての薬には副作用があります。
まず、副作用とは何か、ということになりますが、「薬による、治療の役に立たない働きや有害な反応のこと」を広く副作用といいます。
病気を治すために使った薬の、望んでいない作用、ということになります。
ですので、副作用には害のあるものとないものがあります。
漢方薬には副作用がない、というのも大きな誤解です。
漢方薬にはゆっくりと穏やかな効き目なため、副作用が現れにくい薬ということはありますが、ないわけではありません。
漢方薬とは逆にステロイドや抗がん剤などは副作用があって危険な薬、と思われる方も多いということですが、不用意に副作用を怖がることで、肝心な病気を治すための薬にならない、ヘタをすれば副作用だけが現れるという最悪な事態を引き起こしかねません。
どんなにいい薬でも副作用がある、ということを知っていることが大切です。
そして、副作用は必ずしもでてくるわけではない、ということがあります。
同じ薬でも副作用の出る人、出ない人がいます。
人により体質が違ったりするので、どうしても出やすい人、出にくい人がでてきます。
しかし、医師も副作用があらかじめわかっているものには副作用を抑える薬を同時に出すので、副作用を出にくくするようにはなっています。

避妊薬を使う上での注意事項

避妊薬とは、その名の通りに妊娠を回避する事を目的としている薬です。
一般的にはピルと呼ばれています。
ピルには有効成分として、女性ホルモンが配合されています。
服用する事で体内の女性ホルモンの量を人為的にコントロールして、妊娠を回避するのです。

避妊薬には大きく2つの種類があります。
毎日定期的に服用するタイプと、緊急で服用するタイプです。
前者は基本的に毎日服用する事によって、期待する効果を得るタイプです。
使用上の注意事項としては、毎日の服用を忘れない事が一番の注意事項です。
これは毎日続ける事で、初めて効果が出るという特徴があるためです。

後者は、定期的にピルの服用はしていない状態で、性行為での避妊に失敗した際に用いるタイプになります。
性行為後に決められた用量を服用します。
このタイプの使用上の注意事項としては、性行為後の出来るだけ早い段階で服用する事が挙げられます。
このタイプの避妊薬には、服用が早いほど高い効果が出るという特徴があるからです。
理想的なのは性行為直後ですが、最低でも72時間以内の服用が基本となります。
それ以降に服用をしても多少の効果はあるかもしれませんが、その効き目は著しく低下してしまいます。

避妊薬の副作用で、死ぬ危険はあるの?

避妊薬には月経困難症や子宮内膜症などの治療薬としても使用されるようにになりました。
そのため、女性が避妊薬を服用する頻度も以前と比べて多くなり、結果的に副作用により死ぬ危険も高くなりました。
通常、避妊薬は下記のような方は服用できないとされています。
静脈血栓の既往のある方や肝機能が悪い方、高血圧や糖尿病の方などは死ぬ危険もあると言われています。
また、副作用については卵胞の影響により悪心や吐き気、頭痛や肝機能障害などの症状が現れる可能性があります。
黄体ホルモンによる影響は、倦怠感や性欲低下、乳房痛などが多少あります。
特に注意すべき点は肝機能障害についてですが、実際には発生頻度そのものは低いです。
しかし、一度発症してしまいますと静脈血栓症や心筋梗塞、脳卒中になる危険性もあります。
なぜ、脳卒中が起きるかといいますと、卵胞ホルモンには、出血時に止血の作用を持っているため、静脈内で血栓を形成されてしまいます。
そのため、肺動脈が詰まる恐れがあります。
さらに、黄体ホルモンは動脈硬化や高血圧症を起こしますので、心筋梗塞や脳卒中のリスクを上げると言われています。
以上が、避妊薬の副作用と服用のリスクについてです。