安い価格で購入したトリキュラーと月経異常

安い価格で購入したトリキュラーも基本的には成分が同じなので副作用などのリスクの心配はあまりないのですが、成分が異なっている場合には避妊効果が発揮できないのでなるべく慎重に購入しなければ妊娠のリスクを高めてしまいます。月経が多い場合などにトリキュラーを服用する場合には飲み忘れなどに注意をしなければなりません。トリキュラーは定期的に服用することで避妊効果を発揮する薬なので、一度でも飲み忘れてしまうとその後の2週間程度は避妊効果がありません。月経が多い場合には婦人科などの医療機関を受診して適切な指導を受けることで、月経の量の異常などに潜んでいる病気を早期に発見することができるのですが、自分の判断で安いトリキュラーをネット販売で購入すると医師のアドバイスが聞けないので副作用のリスクや効果を発揮できないリスクが高まったしまいます。ネットでトリキュラーを購入する場合には医療費などが必要ないので安い価格で手に入れることができるのですが、副作用のリスクや正しい服用方法についての指導を考慮すると婦人科などの医療機関で、専門的な検査をしたりカウンセリングを受けることで病気のリスクや治療にかかるコストを減らすことができます。またトリキュラーなどの低用量ピルは副作用が少ないような印象が強いのですが、血栓症のリスクに関しては中容量や高用量のピルとあまり変わらないので、喫煙をしている35歳以上の女性が服用する場合には血栓ができるリスクを理解してから服用しなければなりません。また血栓症の初期症状をしっかりと把握しておくことで、早期に発見して対処することができるので、普段から多めに水分を摂取するなどして血栓症を防ぐ生活をするとリスクを減らすことができます。