避妊薬を使う上での注意事項

避妊薬とは、その名の通りに妊娠を回避する事を目的としている薬です。
一般的にはピルと呼ばれています。
ピルには有効成分として、女性ホルモンが配合されています。
服用する事で体内の女性ホルモンの量を人為的にコントロールして、妊娠を回避するのです。

避妊薬には大きく2つの種類があります。
毎日定期的に服用するタイプと、緊急で服用するタイプです。
前者は基本的に毎日服用する事によって、期待する効果を得るタイプです。
使用上の注意事項としては、毎日の服用を忘れない事が一番の注意事項です。
これは毎日続ける事で、初めて効果が出るという特徴があるためです。

後者は、定期的にピルの服用はしていない状態で、性行為での避妊に失敗した際に用いるタイプになります。
性行為後に決められた用量を服用します。
このタイプの使用上の注意事項としては、性行為後の出来るだけ早い段階で服用する事が挙げられます。
このタイプの避妊薬には、服用が早いほど高い効果が出るという特徴があるからです。
理想的なのは性行為直後ですが、最低でも72時間以内の服用が基本となります。
それ以降に服用をしても多少の効果はあるかもしれませんが、その効き目は著しく低下してしまいます。